あみぐるみ男子のあみぐるみ

あみぐるみについてアレコレ綴るL('ω')┘三└('ω')」

あみぐるみとの出会い(後編)

前編はこちら。

amigurumi.hatenablog.com

 

何となく自分でも作れると思ったので、実際に行動することにした。

そう、あみぐるみを作ってる人に実際に会ってみることにしたんだ。

 

そこでフォローしてる方に連絡を取ってみた。

単なるフォロワーに会ってもらえるかなと不安だったけど、幸いにも会って頂けることになった。

ここをクリアしたことで、製作へ一歩近づいたと思って嬉しかった。

 

そして当日。

 

あみぐるみを作れると思ってたけど、それは叶わなかった。

なぜなら、道具も何もなかったからだ。

思い返してみれば、会う約束はしたけど、作る約束はしてなかったのだ。

その日はいろんな会話をして、世の中広いなと感じたのを覚えてる。

f:id:ktm390duke:20150914111051j:plain

 

そして次の機会。

 

前回の反省を踏まえ、道具とキットを用意して頂いた。

で、実演。

あれだけ「自分でも作れる」と思ってた自信は脆くも崩れ去った。

そう、基本である輪が作れないのだ。

 

そりゃそうだよね。

今まで編み物をやったことはないのはもちろんの事、編んでるのを見たこともなかった。

うちの母は編み物をやる人じゃなかったからね。

rpx.a8.net

 

それでも根気よく教えて頂いて、何とか輪が作れるようになった。

細編みもちょっと出来て、基本の「き」ぐらいが掴めた気がした。

 

ホント、あみぐるみは簡単だなんて自信はどこから湧いてたんだろう?

自信喪失と自笑が入れ混じったような変な感じだった。

それでも基本の「き」に触れたことは、間違いなく第一歩だと確信した。

 

そして、あみぐるみ実物とのご対面。

いやー、ホントすごいなと感心した。

なぜなら、毛糸とかぎ針でここまで形が作れるなんて、ド素人の自分には到底できなかったから。

 

f:id:ktm390duke:20150914112121j:plain 

これがあみぐるみとの出会い。

ひょんな事から見かけたあみぐるみの写真を見つけ、実物に触れ、実際にかぎ針を握る。

何がきっかけになるか分かんないね。

 

ここから、あみぐるみを製作する日が始まったんだ。

 

■利用しているサイト

rpx.a8.net