あみぐるみ男子のあみぐるみ

あみぐるみについてアレコレ綴るL('ω')┘三└('ω')」

あみぐるみ男子、初めてのオリジナル作品に挑む

あみぐるみの基本であるひよこが出来るようになったので、オリジナルを作りたくなった。

ちょうどその頃、東京スカイツリーが1周年を迎える日が近付いていた。

 

そうだ、スカイツリーあみぐるみが完成すれば、もしかしたら話題にも乗れるんじゃないか。

そう思うや否や、製作に取り掛かることにした。

rpx.a8.net

まずはパーツレベルに分解。

デフォルメすれば、5つのパーツで出来そうだった。

そう、まずはカンタンに作れることが大事だからだ。

 

毛糸の色は2色のみ。

展望デッキ、柱の2パターンに分けた。

 

f:id:ktm390duke:20150916072657j:plain

角になる部分は筋編みを使った。

これで円錐をカットしたような形が再現できた。

 

f:id:ktm390duke:20150916072748j:plain

左が展望デッキ、右が土台となる部分。

かなり形がいびつなのがよく分かる。

しかしこの時は作ることが目的で、リアルさは二の次だった。

 

f:id:ktm390duke:20150916073123j:plain

そして完成したのがコチラ。

東京スカイツリーのスマートさはゼロ。

何ともメタボな感じになってしまっている。

 

このスカイツリーあみぐるみは、何と組み立て式なのでパーツは縫い合わせていない。

慎重に組み立てないと、脆くも崩れ落ちる危ういツリーである。

 

そもそもこの時点では、パーツを縫い合わせるテクニックを持ちあわせていなかったんだよね。

 

rpx.a8.net

基本であるひよこから、いきなり東京スカイツリー

完成したのは、ちょうど東京スカイツリーの開業1周年記念日の夜だった。

 

■いつも毛糸を買っているサイト

rpx.a8.net